コラム

2021.09.09

EPA(オメガ3系統油)の抗炎症作用が注目を浴びています

EPAとは「エイコサペンタエン酸」のことであり、
油に含まれる脂肪酸の1種です。

脂肪酸の中でも特にEPA・DHA・αリノレン酸はオメガ3の脂肪酸に分類され、
健康の向上に注目され続けています。


もともとオメガ3の脂肪酸は
・記憶力の維持
・中性脂肪を下げる

などの期待から注目されていましたが、

・末梢体温の維持
・抗炎症作用

などの新たな期待もされるようになってきました。





筋肉痛回復や持久力向上などの期待もできることから、
スポーツ選手にも勧められています。


EPAはこれからも疾病の予防やQOL向上に注目され続けて行くでしょう。