コラム

2021.06.09

アルツハイマーの薬は本当に必要か?よく考えて!!

2021年6月7日、アルツハイマー薬の「アデュカヌマブ」がアメリカで承認されました。

今回のアデュカヌマブはアルツハイマーの根本治療薬として初めて認可された薬となりました。
これまでのアルツハイマーの薬は症状を一時的に軽くするものしかなかったのです。


アメリカで認可されたこのアデュカヌマブは日本も年内に承認の可否を判断する可能性があるようです。



ここまで聞くと、医療って素晴らしい!新しい薬万歳!と思うかもしれませんが、一筋縄ではいかないのが医療の世界です。

この薬の効果に懐疑的な意見も多く、審査の妥当性が問われる可能性もあるようです。


効くかどうか微妙な薬をアメリカは承認に踏み切ったという事です。

さらに言うのであればアデュカヌマブはとてつもなく高額です。
月一回の点滴投与で年間610万円!!
さらにアデュカヌマブ投与前には高額な検査も必要になります。


効くかどうか分からない薬に高額な医療費をかける事への承認。
健康保険料が年々上がっている我々からしたら到底許せることではないですね。


とてつもなく高い薬を誰でも使えるように保険適用させようとする団体もあるそうですが、
そんなことしたら国が破綻します。




なぜ栄養学や生活環境整備である程度の対策ができるのに、
いきなり薬という発想しかないのでしょうか。

無知は大罪ですね。




栄養学の対策で言うと
タンパク質・ビタミンB群・マルチミネラル・コエンザイムQ10・オメガ3
といった脳の活動に関わる栄養素をまずは過剰すぎるくらいに取るべきです。


他にも
血糖値スパイクや低血糖を避ける
歯の治療を行う、
シークワーサーを取る、
胃薬を控える

などもおすすめです。




自分で出来ることをやるだけやって
それでダメなら最低限の薬を使う。

そのような自立心がないと
簡単に薬漬けになってしまいます。